ダイヤモンドの使い方って、装飾以外にあるの?

ダイヤモンドの基礎知識

ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質として有名です。ダイヤモンドが永遠の輝きとも言われるぐらい煌く光を放つのは、非常に高い屈折率をもっているからです。外部から入ってきた光が、結晶の内部ですべて反射し、とても綺麗な輝きとなって放たれます。 ダイヤモンドが最も硬いというのはよく知られていますが、この「硬い」を意味するものは、割れにくさなどを示したものではないため、ハンマーなどで叩くと、普通に粉々になってしまうことがあります。 ダイヤモンドの品質を評価する基準には「4C」というものがあり、「4C」とは、「Carat」「Color」「Clarity」「Cut」のことで、ダイヤモンドの品質は、この4つの要素から評価されます。

装飾品以外としての価値

ダイヤモンドは装飾品だけでなく、商品としても様々な形で使われています。とても堅い物質であり、硬度は世界一のため、工業用のカッターなどでも使用されています。工業用カッターとして使用されているのは人工ダイヤですが、天然物のダイヤモンドは装飾品として販売されています。ダイヤモンドは人工で作れるため、価値がどんどん下がると思われていました。 しかし、国際的なレベルで競争を制限することによって、天然物と人工物には明確な違いが生まれ、その価値は維持できるようになりました。そのため、ダイヤモンド価値は守られ、多くの人が今でもダイヤモンドを求めています。現在は、装飾品としての価値が一般的ですが、資産運用の面でも近年では関心が高まっています。