ダイヤモンドの価値の見分け方!

4Cと買取サービスについて

ダイヤモンドの価値は、一般的には4Cで決まることが多いです。4Cとはカット、カラー、クラリティ、カラットのことで、それぞれの頭文字がCであることから4Cと呼ばれています。 カットは研磨のことで、見た目を決める大きな要素の1つです。今風のデザインの方が価値は高くなることもあるので注意したいところですね。カラーは色のことで、無色の方が基本的には良いのですが、希少性の高いカラーであればそちらの方が価値は高くなります。クラリティは透明度、カラットは重さのことです。 鑑定してもらえば素人でも判断できるので、買取サービスを利用するにしても事前に調べてもらっておきましょう。高価なダイヤモンドほど鑑定の重要性は増します。

価値が分かったら相場も

4C、鑑定結果などから価値を把握したら、価格相場についても調べておきましょう。買取店によってはインターネットでも把握できるように、ホームページに価格表を載せていることもあります。手軽に調べたいときはそちらから情報をリサーチしておきましょう。複数の買取サービスにチェックを入れておくことが大事です。 お店によってはカラット(重さ)を重視していることもあります。これは大きいダイヤモンドの方が再加工しやすいためです。古いデザインのダイヤモンドであっても、カットして今風のデザインにすれば価値が上がります。 ちなみに相場自体変わることもあるので、買取サービスを利用するタイミングで買取価格が上下することがあります。